偏頭痛との上手な付き合い方【痛みの原因を知ってマル秘テクで治療】

医療

頭痛の知識を得る

頭痛の動向と予測

男性

頭痛の一種として偏頭痛があります。偏頭痛は発作性の頭痛になります。特徴としては毎日同じ痛みが続くのではなく、突然痛みがあらわれるからです。年に数回から月に数回と個人差はあります。偏頭痛の痛みは頭部の動脈が広がることで発生します。脈拍に合わせて動脈が押し広げられるたびに痛みがあります。この脈拍は頭痛が発生してから時間が経過すると徐々に弱まってきます。そのため、痛みが徐々に緩和する傾向があります。血管の拡張が強すぎる場合や子供や高齢者の場合については、拍動感がはっきりしないこともあります。偏頭痛は左右の痛みや右側だけと左側と様々です。両方とも痛いが痛みの程度には左右で差がある場合が多です。片側の偏頭痛というより、左右感のある頭痛と認識しておいたほうがよいです。偏頭痛には嘔吐を伴うことがあります。毎回必ずあるわけではありません。原因としては胃腸の身体の上から下へ食物を送る運動に乱れが出ることにあります。偏頭痛になると刺激に敏感になることがあります。大きな音や明るい光などの刺激があると痛みが増す感じになります。頭痛が止まっているときでさえ、それらの刺激が頭痛を誘発してしまうこともあります。頭痛の特徴を知ることが大切です。

頭痛のときに注意すべき点

頭痛のときには、偏頭痛の前には何らかの前ぶれ症状があります。多くの人の前ぶれ症状は、首筋が張ってくる傾向があります。前ぶれの中には前兆と呼ばれる症状もあります。典型的なのは目に光のようなものが見えたりする症状があります。他には、半身がしびれる症状があります。頭部の血管を拡張される条件があると頭痛が発生しやすくなります。例えば、飲酒や発熱です。また、緊張から解放された時に頭痛が起きることもあります。緊張している時には神経が作用して血管が収縮しています。緊張から解放された時には神経の作用が弱まり、血管が拡張することがあります。食べ物や飲み物で頭痛が誘発される人もいます。アルコールで誘発される人が多く、発酵食品や油などで頭痛を起こす人もいます。このような頭痛を食事性偏頭痛と呼ぶます。食事性偏頭痛がある人は自分がどの食べ物で頭痛を誘発されるかを自覚して回避することが大切になります。偏頭痛には遺伝子的傾向が強い傾向があります。父親には偏頭痛があり母親にはない場合には偏頭痛は起きにくい場合が多いです。遺伝的な要因だけでなく、何らかの外部的要因も関与します。そのため、普段から頭痛の知識を得ておくことが大切です。