偏頭痛との上手な付き合い方【痛みの原因を知ってマル秘テクで治療】

医療

特徴と注意点

落ち込み

頭痛に歯いろいろな種類がありますが、その中でも最も一般的な意味での頭痛といえばこの偏頭痛のことを指すのではないでしょうか。日本人のだいたい8パーセントと書くがこの偏頭痛に悩まされているといわれており、男性と女性の比率では圧倒的に女性の比率が多いのが特徴です。女性が偏頭痛で悩まされている率は男性のなんと4倍といわれていて、それには女性ホルモンが大きく影響しているといわれています。片頭痛の頭の痛みの特徴は脈を打つのに合わせてずきんずきんとした痛みが起きるのが大きな特徴で、その痛みは頭の片側だけの時もありますし、両側に出てくるときもあります。また、後頭部にも痛みが走ることもあります。片頭痛はひどくなると、痛みに加えて吐き気をもよおすこともあります。片頭痛には痛みが全く何の全長も起きずに起こる場合と、何らかの前兆を伴ってから痛みが起きる場合との2種類があります。痛みの前兆がある場合は、頭痛のおこる30分前から1時間前くらいに、目に前にチカチカとした痛みが走って、視界の一部分が見えにくくなるという現象が起こります。この現象は閃輝暗転と呼ばれる現象で、片頭痛が起こる前の特徴的な現象といわれています。

偏頭痛が起こる大きな原因は頭の中の血管が炎症を起こして過度に拡張してしまうことだといわれています。頭の血管の中ではストレスなどが原因となってセロトニンという神経から出ている物質が異常に増加してしまうことがあります。このセロトニンという物質が頭の中の血管を過度に収縮させた後で、今度は逆に過度に拡張させてしまいます。この結果、拡張や収縮を繰り返した欠陥が炎症を起こしてしまい、片頭痛を起こしてしまうのです。半頭痛は頭の痛みがひどくなる前に頭痛薬を飲んでしまうのが一番の方法ですが、手元に薬がないという場合もあります。そういった時にも片頭痛を和らげる対策をとることが可能です。まず、先ほども言った通り片頭痛は頭の血管の過度な拡張によって炎症を起こすことが原因なので、頭を冷やすというのが対策としてはとても有効です。冷却シートがあれば頭が痛い部分に歯っても効果的ですし、冷却シートがない場合は、冷たい飲み物を買って痛むところに当てて冷やすというのも有効です。逆にお風呂やシャワーに頭が痛い状態で行くと、拡張した血管がさらに炎症を起こしてしまうので、さらに頭痛がひどくなってしまいます。片頭痛がひどいときは入浴は避けましょう。また、偏頭痛の痛みが悪化していると感じたら医療機関を訪ねましょう。医療機関を受診することで頭痛の原因があきらかになり、症状に合わせた治療を受けることが可能です。心療内科などでは、丁寧にカウンセリングをしてくれるので、的確な治療を受けることが出来ます。