偏頭痛との上手な付き合い方【痛みの原因を知ってマル秘テクで治療】

医者

ズキンズキンと痛む頭痛

カウンセリング

偏頭痛はいったん治まるとケロッとよくなってしまいます。そのため病院へは行かず、市販の鎮痛剤で我慢してしまうのです。しかし鎮痛剤を月に10日以上飲んでいる場合は薬物乱用頭痛を発症してしまう可能性もあるので早めに医師に相談するようにしましょう。

特徴と注意点

落ち込み

偏頭痛は私たちにとって最も身近な頭痛で、その比率は圧倒的に女性のほうが高いです。原因は頭の血管が拡張して炎症を起こすからで、偏頭痛が起こってしまったときは頭が痛むところを冷却シートなどで冷やすというのが有効です。

頭痛の知識を得る

男性

偏頭痛は発作性の頭痛であり、拍動感のある痛みと左右のある痛みがあります。対処法としては、少し睡眠をとる必要があります。また、偏頭痛が起きると嘔吐する場合があります。対処法としては食事管理によって頭痛を改善することができます。頭痛が発症した場合の対処法を理解することが大切です。

多くの人が悩む頭の痛み

頭痛

偏頭痛では主に、頭の片側が痛みます。ズキンズキン、またはガンガンというような、脈打つ痛みが特徴です。痛み始めると、4時間から72時間くらい痛みが続きます。体を動かすと痛みが激しくなり、ひどい場合は気持ちが悪くなったり、吐き気を催すこともあります。そのため、仕事や家事が手につかず、寝込んでしまう人もいるほど日常生活に支障をきたすのが偏頭痛です。偏頭痛に悩む人の2割から3割は、頭痛が起きる前に何らかの前兆があります。フラッシュのように目の前がチカチカするほか、手足にしびれが生じたり、ろれつが回らず言葉が上手く出てこないなどの症状が起こります。15分から30分ほどで、このような前兆はおさまり、その後頭痛が始まります。偏頭痛が発生するメカニズムには、大きく分けて2種類の説があります。1つは、頭の血管が拡張して、痛みが起きるという説です。もう1つの説では、三叉神経という、顔の回りの感覚をつかさどる神経が関わっているとされています。この神経が何かしらの原因で刺激されると、末端から神経伝達物質が分泌します。それによって炎症が発生し、痛みが起こります。偏頭痛に悩む人は、全国に約840万人いるとされています。20代から40代の働き盛りの人に多くみられ、中でも女性が多いです。

偏頭痛を誘発する原因は多種多様です。まぶしい光や騒がしい音など周囲の環境によるものや、睡眠不足や食べ物など生活習慣に起因する場合もあります。どのような状況で頭痛が起きたのかしっかり把握して、次からはなるべく痛みを誘発する状況を避けることが、日常でできる偏頭痛の予防法です。それでも頭痛が起きてしまった場合は、痛みを長引かせないように早めに薬を服用しましょう。できれば、暗くした静かな部屋で、安静に過ごせればなお良いです。偏頭痛に悩む人の8割以上が、ストレスを抱えているというデータがあります。過度なストレスは、偏頭痛の一因です。心理的な問題が、偏頭痛を悪化させてしまうこともあるのです。例えば、周囲の無理解です。偏頭痛は、寝込んでしまうほど辛い症状ですが、痛みは自覚的なものなので周囲の人々には分かりません。そのために、根性が無いなどと言われたり、サボっていると批判されることがストレスにつながります。また偏頭痛に関する研究によると、偏頭痛を抱える人には、几帳面で繊細な性格が多いという報告があります。そのような性格自体は決して悪くありません。けれども頭痛が続くことを不安に思ったり、きちんと仕事や家事ができないことに罪悪感があると、それもストレスになってしまうのです。そんな心理的要因の偏頭痛は、精神科や心療内科で治療できます。ストレスを緩和することで、慢性化した偏頭痛が改善する場合があるのです。今までの治療や薬で充分な効果が得られていないのであれば、一度受診してみるのも良いでしょう。

急に襲いかかる頭痛

カウンセリング

視界にギザギザしたような光が見えた後に起きる頭痛を偏頭痛と言います。原因は急激な血管の拡張によるものですが、食べ物やアルコールなどで誘発されます。偏頭痛の痛みの対処は、暗いところで休むことやカフェインの摂取、患部の冷却があります。中でも最も効果的なのは内服薬ですが、これは医師の処方が必要です。